引き継ぎ作業が最後の重要任務

皆さんが病院をやめることになった場合、他の誰かがあなたの後任者となって仕事を行う形になります。そこで大事なことは、引き継ぎを自分の責任で行うことです。もし引き継ぎを上司や後任者任せにしてしまうと予定よりもなかなかはかどらずに、退職日が遅れることもあります。

引き継ぎをする時に大事なことは、とにかく漏れのないようにしておくことです。引き継ぎ漏れが皆さんの辞めた後になって発生すると、転職先に問題が起きるたびに電話がかかってきて指示を仰ぐような形になりかねません。何度も転職先の病院に連絡が来るとさすがに迷惑でしょうし、転職先で肩身の狭い思いをすることにもなりかねません。

そこで引き継ぎをする時には、自分の担当した業務を一度洗い直してみる必要があります。そのために、引継ぎノートのようなものを作っておくといいでしょう。もし言い忘れていたことがあったとしても、ノートを後任者に託しておけば自分で見て判断できます。

退職に関する各種手続き

退職するにあたって、いろいろと事務的な手続きも済ませておかないといけません。派遣看護師とは違い、常勤で働いていた場合、ただ単に退職届を出せばそれであとは病院で自動的にすべてやってくれるわけではありません。そこで退職すると決めた段階で、どのような手続きを済ませる必要があるのか、しっかりと確認しておいてください。

たとえば、健康保険も病院をやめる以上離脱する形になります。そこで皆さんが使っていた健康保険被保険者証は病院に返却しないといけません。また病院から離職票や雇用保険被保険者証を受け取る必要があります。離職をした後の手続きで必要になるからです。

またナース服を病院から借りて使用していたのであれば、返却しないといけません。別にマニュアルなどに書かれていなかったとしても、洗濯をしてアイロン掛けしてきれいな状態で返却するのがマナーだと思ってください。ボールペンなど細かなものでも、病院の備品なのであればきちんと返却をして、後々トラブルにならないようにしてください。

退職申し出のタイミングはいつがいい?

退職するタイミングが決まったのであれば、早めに退職の意思表示を行うことです。法律上はやめる2週間前までに退職の申し出をすればいいということになっています。しかし病院の就業規則で、いつまでに退職の意志を伝えるかルールの決まっている所が大半です。転職を検討した時点で就業規則の確認をし、いつまでに伝えないといけないのかチェックしてください。

就業規則に特別記載がなかった場合、先ほど紹介した法律の2週間前までに申し出をすればいいことになります。しかし現実問題として、2週間ですべての手続きを完了するのはかなり難しいです。引き継ぎもありますし、退職手続きもあるからです。少なくても1ヶ月半から2か月前の時点で、直属の上司に伝えるようにしてください。

もし期間が短いとあなたの仕事の代わりをする人物を病院が見つけられない可能性があります。その場合には当初予定されていた退職を引き延ばされることにもなりかねず、転職先の病院に迷惑をかけることもあり得ます。

退職理由を準備せよ!

退職の意思表示をすると、慰留に遭う可能性も十分あります。そのような中で「どうしてやめるの?」ということはほぼ確実に質問されると思ってください。そこで退職理由をあらかじめ考えておくことも、円満退職をするために必要なことです。

ここで重要なことは、辞めざるを得ないと相手にも分かってもらえるような退職理由を作ることです。健康上の理由とか、結婚・妊娠、親の介護をすることになって、結婚している人は夫の転勤でついていかざるを得なくなったといったようなものです。このような退職理由であれば、これ以上慰留をしても無駄だと相手は気づきます。その結果、その後の転職手続きもスムーズに進む可能性が出てきます。

病院への不満はあったとしても絶対に言わないでください。立つ鳥跡を濁さずではありませんが、最後の後味がお互い悪くなります。また給料が安いなどというと、「給料アップをするからやめないでほしい」などといわれてしまうと退職理由がなくなってしまいます。

退職のベストなタイミングは?

看護師が転職する際に重要なのは、辞め方です。看護師の職場は広いようで実は狭いです。もし辞め方がまずいと悪評が立って、せっかく転職先を見つけても肩身の狭い思いをすることにもなりかねません。円満退職するために大事なのは、辞めるタイミングです。皆さんが辞めるということは、ほかの看護師があなたのやっていた仕事を負担するわけです。

そこでなるべく同僚に迷惑のかからないタイミングでやめるようにしてください。重要なのは、人手がある程度足りている状態でやめることです。新人看護師でも1年以上勤務していれば、年間でいつが忙しくなる時期かがわかるはずです。そのような時期は避けるようにしてください。

一般的に年末年始やゴールデンウィークは人手不足になりがちです。また年度初めの時にも新人看護師の教育の仕事が入りますので、自分の担当分で手いっぱいになりがちです。このような時期を避けて、辞め時を探ってみることがマナーだと思ってください。